岐阜県可児市・木としっくいの家づくり工務店。自由設計注文住宅・アンティークな新築住宅ラ・フェルムのアルフハウジング

トップページ » La Fermeの家づくりとは?

La Ferme リフォーム

リフォームは、以前の“住まいの修繕”という目的からずいぶん変わってきています。

「子供の独立とともに、夫婦だけの生活を楽しみたい」
「若いころ建てた家はモダン住宅。
この頃は好みがかわって、アンティークな雰囲気で暮らしたい」
「とっても魅力的な土地に中古住宅を見つけた!
解体ではなくて、リフォームでよみがえらせられますか?」
「家を模様替えのようにリフォームして気分転換したい」
「キッチンだけリフォームしたいな」

自分のための心地よい空間を作り出す手段として、模様替えではなく部屋そのものを変えるリフォームになってきています。または、ある一箇所を5年おきにリフォームして気分をかえてみたり。

もちろん、それはお家そのものの性能や価値を維持し続ける結果にもなっているんです。

そして、今ラ・フェルムで実現しているのが、

かっこいい家具にインスピレーションを得て、それに合う部屋を作る

というリフォームです。

 家具や雑貨に創造力を掻き立てられて

ラ・フェルムには、ライフスタイルショップ 「キュリオ」 というアンティークのリアルショップがあります。(岐阜県瑞穂市)

キュリオで販売されているアンティーク家具は、

ラ・フェルムに似合うこと

をテーマとして世界中から取り寄せているため、見ているだけで想像が膨らんできます。

こんなリフォームを提案したいな

たとえば女性なら・・・

家を建てたらガーデニングをしたいな、とまだ幼かった子供と植えた木が成長してリビングからみえる。この、緑いっぱいの景色を、どんな部屋から眺めていただきましょうか?

夏はもうすぐそこ、少し暑さを感じる季節。
パーゴラのフウセンカズラが涼やかで、窓を大きくあけ放ってみる。
風がレースのカーテンをあおって、さらに爽やかに。
室内まで届く光は柔らかで、白いしっくい壁に反射して部屋全体がほんわりと照らされます。
窓は、木枠が良いのではないでしょうか。
窓から少し離れたダイニングテーブルと揃いの華奢な感じのアーコルチェアに腰掛ける。
ティータイムというのは、こうでなくっちゃ。

この風景は、ラ・フェルム リヴァージュでぴったりです。

たとえば男性なら・・・

いつかまた聴こうと大切にとっておいたLPレコードをどんな部屋で聴きましょうか?

そんなに大きくない部屋。
ヨーロッパの古いホテルのようなしっくい壁に濃い色のむき出しの梁。
多くの人をもてなすうちに擦り切れたような無垢材の床。
ちょっと暗めのオレンジ色のあかりの中、レコードプレーヤーの針をレコードの溝に落とす。
革製のアームチェアに深く腰掛けて、お気に入りの飲み物(お酒でしょうかね)をサイドテーブルに置く。
空間をすべるように鳴るアナログなヴァイオリンの音に酔いしれる。

もう、とってもラ・フェルムの世界です。

あなたの望みをかなえる、ラ・フェルムのラインナップ。

▲ ページトップへ

株式会社アルフハウジング 建築事業部
〒509-0203 岐阜県可児市下恵土214番地
TEL.0574-48-8721
建設業全般・岐阜県知事許可(般-25)第500131号
不動産業全般・岐阜県知事(2)第4504号
当社施工エリア
岐阜県多治見市/土岐市/瑞浪市/可児市/可児郡/加茂郡/美濃加茂市/関市
愛知県春日井市/小牧市/犬山市/瀬戸市